マザーボードがこわれたらどうなるか 


パソコンが起動しない時の対処法 

パーツの交換や故障が自分で修理出来ればメーカーや業者に任せるより断然安上がり!

メーカー・修理業者のパソコン修理料金・日数 目安¥10,000位〜¥50,000以上 日数1週間〜1か月 参考:メーカー・修理業者の料金表はこちらへ

こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです!是非自分で交換・修理しましょう作業は初心者もOKです

ユーザー自身が自分で修理交換パーツの費用と作業時間 費用2000円台〜 作業時間30分位〜6時間位(パーツの準備時間は除く)詳細はこちらへ

注*ここでのマザーボード交換とは自作パソコン等でユーザー自身で交換作業をすることで、メーカーPC等で保証期間中又ショップの保証延長期間中の故障については、それぞれの該当する保証に依り修理交換を依頼する。これは「保証期間中に限る・メーカー製パソコンに限る自作機は対象外」です,また保証期間後は改造自由です。
*パソコンが起動しなくなった時はこのページも見ることも出来ません、その事態に備えてこのページを印刷して保管されることを推奨します。

 パソコンが起動しない・故障時の症状と対応方法


初めにパソコンはいつ故障するか分かりません、もしもの時に備えてパソコンが起動しなくなる前に必ずやって置かなければならない最重要事項は、ユーザー自身で作成したデータのバックアップを外部機器等へ新規・更新作成後その都度実行すること。内部のHDDのみに記録して置いたのでは、故障時にデータ消失・破損の可能性大である。
*バックアップ対策の詳細に付いてはこちらのサイトへ


故障時の症状と対応方法

症状         故障原因パーツ   対処方法
電源投入後反応が無い 電源ユニット  

テスターで調査異常があれば交換 電源ユニットを取外し方へリンク
*テスターに付いての詳細はこちらのサイトへ
又は
予備の電源使用 電源ユニットを取外し方へリンク

交換用電源の 価格・規格・種類
マザーボード

予備の電源使用しても電源が入らない場合はマザーボード故障の可能性大予備のマザーボード使用

交換用 マザーボードのの価格・規格・種類
電源投入後画面に何も映らない 電源ユニット

テスターで調査異常があれば交換 電源ユニットを取外し方へリンク
*テスターに付いての詳細はこちらのサイトへ
又は
予備の電源使用 電源ユニットを取外し方へリンク

交換用電源の 価格・規格・種類
マザーボード

マザーボード上のコンデンサの膨らみや破裂そして液漏れを確認すれば即マザーボード交換

又は予備のマザーボード使用
交換用 マザーボードのの価格・規格・種類
メモリ

ピープ音(ピピピッという音)がなっている場合はメモリ故障の可能性大 メモリの再取付 それでもダメなら メモリの交換

又は
メモリテスト実行*1
交換用メモリの 価格・規格・種類
グラフィックボード
(ビデオカード)

グラフィックボードの再取付それでもダメなら 予備のグラフィックボード使用
グラフィックボードの交換手順はこちらへ
使って安心のグラフィックボード購入は
画面に英文表示後フリーズ  ハードディスク

ハードディスク検査・診断*2
異常があれば交換 ハードディスクの取外し方へリンク

交換用ハードディスク (HDD)の 価格・規格・種類
パーツの取付・取外方法は「パソコンが分からなくても初心者も自分で修理は出来る」のサイトをご参照
パソコンの故障が自分で修理出来れば業者に任せるより断然安上がり!

ハードディスクに異常が無ければWindows(OS)のトラブルです、Windows(OS)のインストールディスクを使用して修復させます。
*1:メモリが正常か不良かを調べる:メモリテストソフト「memtest86」というフリーソフトを使用して、メモリテストにErrorsがでなければメモリはOK。

*2:Windowsの起動前に動作する無償のハードディスク診断用ソフトウェアにてハードディスクが故障していないかを調べる。

ヒント:モニター画面に表示無しトラブル
パソコンの電源をONにしてもモニターに何も表示されない時、故障・障害の発生が大いに可能性があるパーツは、まずビデオカード(グラフィックボード)、次に拡張スロットに取付たパーツ、そしてモニター自体の順で検証してみる。手持ちに予備品があれば、交換してみる。

マザーボードとCPUを同時に交換するにはこちらへ


パーツ交換費用と作業時間目安
メモリー増設交換費用は 2000円台〜   作業時間は30分ぐらい〜

マザーボード交換費用は 4000円台〜   作業時間は3時間ぐらい〜

CPU交換費用は4000円台〜    作業時間は2時間ぐらい〜

ハードディスク交換費用は 4000円台〜     作業時間は30分位〜

SSD増設交換費用は 6000円台〜   作業時間は取付30分ぐらい〜 
    OSの移行設定に1時間ぐらい〜





メーカーの修理料金表例 

T社
基本技術料金 修理作業工賃(1時間以内の作
業)¥12,000(税込¥12,960)〜
マザーボード¥19,080(税込¥20,606)〜
CPU¥13,580(税込¥14,666)〜
メモリ ¥9,980(税込¥10,778)〜
ハードディスク ¥19,080(税込¥20,606)
N社
マザーボード\50,400〜¥53,550
電源ユニット\33,600〜¥36,750
メモリ\49,350〜¥52,500
CPU\54,600〜¥57,750
DVDドライブ\42,000〜¥45,150
ハードディスクド\49,350〜¥52,500
診断料金(見積り含む)\5,250

修理業者の修理料金例

A社
電源ユニット交換作業¥20,000前後〜
マザーボード交換作業¥30,000前後〜
ハードディスク交換、環境移行作業¥35,000前後〜
メモリ交換作業¥10,000前後〜
SSD換装作業¥25,000前後〜
CMOS電池交換作業¥3,000
プラス作業工賃+運送料
B社
マザーボード修理6,000円〜
電源ユニット修理6,000円〜
プラス
詳細診断2,000円
本体分解 15,000円
+運送料
こんなに高額な費用を出すのは勿体ないです!是非自分で交換・修理しましょう!作業は初心者もOKです!

CPUの交換作業で重要な事:パソコンパーツにはパーツ同士の相性問題が発生する場合があります。自作パソコン製作者の悩みのたねです。この不安要素を解消してくれるのが、ここに紹介する「ツクモ」の「商品相性保証」という有償のサポートシステムをです。これを利用し、CPU購入時に相性保証も同時申込をする。この場合万が一相性不一致の時は対応してもらえます。*注:「CPUの相性保証」はここに紹介する「ツクモ」の他には余り見当たりません。自作パソコン製作には貴重です是非利用しましょう。



次ページへ

サイトページ一覧