マザーボードがこわれたらどうなるか 


マザーボードとCPUクーラーの取り外し  

旧マザーボードとCPUクーラーの取り外し

重要初心者もパソコンパーツの交換・増設はできますが、パソコンメーカーの保証の対象外になる場合がありますので、実行する際は必ずパソコンメーカーの保証書の内容をご確認下さい。保証期間経過後の交換・増設は自由です。

作業開始前に作業台と周辺を整理して不要な物、使用しない道具等はかたずけて、作業台はできるだけスペースを確保しましょう。電源は抜いてあるか必ず確認します。交換に必要なパーツ類も確認し手近な場所に確保しておきます。それでは始めます。

マザーボード交換費用は 4000円台〜 作業時間は3時間ぐらい〜



@作業前のケース内部
作業前のケース内部

作業前のケース内部です、作業完了まで電源は入れ
ない、コンセントから電源プラグを抜いておきましょう。
注:取り外したネジ類は紛失しないようにビニール袋等
に保管する。またネジは大きさや種類が色々あるの
で、後で取り付ける時に解るようにマジックインキ等で
色分けやしるしを付けておく。

Aボード取り外し準備
マザーボード取り外しの障害になる物全て取り外す

ケーブル・コード類、メモリ、取り付けた場所によってはハードディスクなどマザーボード取り外しの障害になる物全て取り外す。
このボードは6カ所のネジで固定されてある。
注:取り外したネジ類は紛失に注意、取り外したパーツの保管にも注意。

Bメモリの取り外し方
メモリコネクタの両側にあるクリップを外側へ押し開きます
メモリコネクタの両側にあるクリップを外側へ押し開き
ます、メモリが上がってきますので両端を持ち慎重にと
りだします、この時無理に力を加えると破損の原因
なりますのでご注意下さい。
注:今回はこのメモリを新マザーボードで使用しないの
でこのまま旧ボードのほうにつけたままにして置きま
す。
注:取り外した場合は保管に注意。

Cボード取り外し
6カ所のネジを外しボード取り外し完了

6カ所のネジを外しボード取り外し完了。
注:取り外したネジ類は紛失に注意。
入手したボードによってはネジが付属されていない場合がある、その際は古いボードのネジを再利用するので保管にも注意。
マザーボードの種類・規格詳細

DCPUからヒートシンクとファンを取り外す
DCPUからヒートシンクとファンを取り外す

マザーボードのコネクタからCPUファンのケーブルを外
す。

Eクーラーを取り外す
クーラーを取り外す

各ファスナー(4つある固定レバー)を左へ回し、対角線上の2つのファスナーを同時に引き抜いて、慎重にクーラーを取り外す。クーラーの取り外し、取り付けは慎重に焦って破損などしたら大変です。上手く出来ないときは、一休みしてから再度実行する位の気持ちで作業してください。長い間使用していたこのパーツは熱伝導シート等が熱でピッタリ張り付いているので、容易には外せないので、時間を掛けて無理せず休みながら慎重に作業してください。

FCPUの古い熱伝導シートを取り除く
FCPUの古い熱伝導シートを取り除く 

CPU上面の古い熱伝導シートをCPUを傷つけないよう
に慎重にきれいに剥がす。


Gクーラーの古い熱伝導シートを取り除く
Gクーラーの古い熱伝導シートを取り除く

クーラーの下面の古い熱伝導シートも傷つけないように慎重にきれいに剥がす。


今人気のベストセラー「マザーボード」はこちらへ

マザーボードの種類・規格詳細はこちらのサイトへ

パーツ交換費用と作業時間目安
メモリー増設交換費用は 2000円台〜   作業時間は30分ぐらい〜

マザーボード交換費用は 4000円台〜   作業時間は3時間ぐらい〜

CPU交換費用は4000円台〜    作業時間は2時間ぐらい〜
   Intel CPU規格・種類     AMD CPU規格・種類

ハードディスク交換費用は 4000円台〜   作業時間は30分位〜

SSD増設交換費用は 4000円台〜    作業時間は取付30分ぐらい〜 
     OSの移行設定に1時間ぐらい〜


ハードディスクの規格・種類








「ドスパラ」は安心・取扱品豊富・格安のパソコン関連機器専門ショップです


ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!


「ドスパラ」はパソコン・パソコンパーツ・パソコン周辺機器の専門ショップです


は出来るクします


サイトページ一覧
トップマザーボードが
こわれたらどうなるか

 
パソコンが起動し
ない時の対処法
 
マザーボード交
換・取外し
マザーボードとCPUク
ーラーの取り外し
CPU取外し・取
   
マザーボード取
付・クーラーとメ
モリの取付
 
 
リアパネル取外と取
付・マザーボード取付

 
内部コネクタのケ
ーブル類の接続
ボードとCPUを
同時に交換する
には
パソコンで出来ること 筆者のひとりごと

次ページへ